MOSWord・Excel・PP+ExcelExpertコース

Word・Excel・PowerPointは基礎レベルを証明するMOS一般レベルとExcelは上級レベルの資格を証明し、パソコンスキルがある程度身についていることを証明することができるためのコースです。特に中・大手企業はExcelのスキルを高いことを求める傾向が強いのでそれに対応できるおすすめのコースです。

MOSWord・Excel・PP+ExcelExpertコースでできること

  1. オフィスソフト全般の資格をマスターできる
  2. Excelは上級レベルの資格で1STEP上のスキルを証明
  3. 就転職にも使える資格を網羅

コースカリキュラム内容

  • Excel基礎
    Excelで理解している必要がある基本操作や関数に必要な絶対参照や相対参照をはじめとし、表の作成、グラフ、抽出、検索、書式設定など仕事で最低限必要なスキルを身につけます。
  • MOSExcel Specialist 2016またはMOS Excel 365&2019
    MOS2013、MOS2016、MOS2019から選択でき、業務で使用するExcelの基本操作が身についていることを証明することができます。Excelの書式設定や素早く表や計算が出せるテーブル機能、細かい書式設定を行うグラフ作成スキルなどが出題され、Excel2019の新しい関数も CONCAT()、TEXT JOIN() 関数も出題範囲です。また、グラフ機能も新機能から出題されます。
  • MOSExcelExpert 2016またはExcel 365&2019 Expert
    Excelの高度な機能を学習しデータ分析や評価などのデータ処理を行うスキルを身につけ証明します。関数は単体で使用するだけではなくネストと呼ばれる組み合わせて使用する方法やデータの入力規則やピボットテーブルなどを活用しし正確にデータ管理、集計が出来る方法、業務の効率化を図るマクロやトラブル対応までExcelの機能を使いこなします。
  • Word基礎
    Wordを使って文書の体裁を整えるための機能(段落やインデント、スペースの正しい使い方)、表作成、画像挿入やヘッダやフッターの基本的な操作方法から仕事でよく使う差し込み印刷、文書にパスワードを設定する方法まで学習します。
  • MOSWordSpecialist 2016またはMOS Word 365&2019
    MOS2013、MOS2016、MOS2019から選択でき、業務で使用する基本的なWordスキルを身につけ証明することができます。MOSはバージョンごとによって新機能も出題されるのでMOSWord2019では3Dモデルを挿入、アクセシビリティなども出題範囲となっています。2019の正式名所はMOS Associate Word 365&2019となっています。
  • PowerPoint基礎
    見やすい資料を作成したりポスターを作成したりと様々な使い方が出来るPowerPointは、画像や図形、表作成など簡単に作成、移動、編集が操作しやすいのが特徴です。プレースホルダーと呼ばれるPowerPointの独自の考え方を理解すると作業効率が上がります。
  • MOSPowerPoint 2016またはMOS PowerPoint 365&2019
    PowerPointの機能を理解し、配布資料の作成、アニメーションやスライドショーの設定などさまざまな目標や状況に応じてプレゼンテーションを作成、編集できるスキルを証明します。またPowerPoint2019では新機能の3Dモデルも出題範囲となっています。
こんな方におすすめ 企業に求められている資格を履歴書に記載したい方におすすめ。パソコンスキルがあることをアピールしたい学生、社会人、主婦の方におすすめです
パソコン講座人気度 ★★★☆☆
最短習得日数 5ヶ月
受講時間 67コマ
各コース料金 Excel基礎:5コマ 27,500円
MOSExcel:12コマ 68,640円
MOSExcelExpert:16コマ 95,040円
Word基礎:5コマ 27,500円
MOSWord:12コマ 68,640円
PowerPoint基礎:5コマ 27,500円
MOSPowerPoint:12コマ 68,640円
その他料金 教材費 27,500円(税込)
入学金 16,500円(税込)
合計料金 427,460円(税込)