MOSExcelエキスパートVBAコース

Excelの機能をしっかりと理解し、マクロ、VBAまでをトータル的に学習できるコースです。マクロやVBAができる人という求人が増えてきているのはデータを多く扱うことが多い企業が効率よく作業をすること、時短をすることが目的です。IT企業や建設業界などはExcelの機能を熟知し、マクロやVBAを利用できる人材が求められています。また派遣会社でもExcelの中級、上級ベル(マクロやVBAを扱える人)の人材は不足しています。

MOSExcelエキスパートVBAコースでできること

  1. Excelの中級・上級者レベル(マクロ、VBAを含む)のスキルを学べる
  2. VBAを使用して効率よく仕事ができるようになる
  3. 履歴書にMOSExcelエキスパートの資格を書けるようになる

コースカリキュラム内容

  • Excel基礎
    Excelで理解している必要がある基本操作や関数に必要な絶対参照や相対参照をはじめとし、表の作成、グラフ、抽出、検索、書式設定など仕事で最低限必要なスキルを身につけます。
  • MOSExcel Specialist 2016またはMOS Excel 365&2019
    MOS2013、MOS2016、MOS2019から選択でき、業務で使用するExcelの基本操作が身についていることを証明することができます。Excelの書式設定や素早く表や計算が出せるテーブル機能、細かい書式設定を行うグラフ作成スキルなどが出題され、Excel2019の新しい関数も CONCAT()、TEXT JOIN() 関数も出題範囲です。また、グラフ機能も新機能から出題されます。
  • MOSExcelExpert 2016またはExcel 365&2019 Expert
    Excelの高度な機能を学習しデータ分析や評価などのデータ処理を行うスキルを身につけ証明します。関数は単体で使用するだけではなくネストと呼ばれる組み合わせて使用する方法やデータの入力規則やピボットテーブルなどを活用しし正確にデータ管理、集計が出来る方法、業務の効率化を図るマクロやトラブル対応までExcelの機能を使いこなします。
  • VBA基礎
    VBAの基礎講座は初めてVBAを学習する人のための講座です。VBAはVBEと呼ばれる専門のエディタで記述します。まずはマクロを記録し、編集、実行を行うとどういう風にVBAが動いているかがわかります。マクロは自動でVBAの記述が行われますが、VBAを使いこなすには基本構文、モジュールとプロシージャ、変数と制御構造、デバックの基本を学習します。
  • VBA応用
    VBAを記述するのに必要な変数や定数、制御構造、配列、サブルーチン、オブジェクトの利用、関数、イベントの利用、ユーザーフォームの利用、ファイルシステムオブジェクトの利用、エラー処理とデバッグなどをトータル的に学習します。
  • VBAエキスパートベーシック
    50分の試験問題で40分前後の出題がされます。試験の出題範囲はマクロの読解、VBAの基本文法、モジュールとプロシージャ、変数と定義、セルの操作、ステートメント、日付や文字列、数値に関数る関数、ブックとシートの操作(オブジェクト)を理解されているかを問われます。暗記ではなく実際にコードを入力して学習することをおすすめします。
こんな方におすすめ データ整理、集計などの仕事が多く、業務の効率化をExcelではかりたいかたや、マクロやVBAを活用したい方におすすめです。Excelのスキルの高い派社員として登録したい方におすすめ
パソコン講座人気度 ★★★☆☆
最短習得日数 4ヶ月
受講時間 53コマ
各コース料金 Excel基礎:5コマ 27,500円
MOSExcel:12コマ 68,640円
MOSExcelExpert:16コマ 95,040円
VBA基礎:10コマ 57,200円
VBA応用:10コマ 59,400円
その他料金 教材費 18,700円(税込)
入学金 16,500円(税込)
合計料金 342,980円(税込)