これなら役立つ!ビジネスのおすすめ資格3選!難易度や人気の理由も解説

2 票, 平均: 5.00 / 52 票, 平均: 5.00 / 52 票, 平均: 5.00 / 52 票, 平均: 5.00 / 52 票, 平均: 5.00 / 5
みんなのおすすめ度:5.00

これなら役立つ!ビジネスのおすすめ資格4選!難易度や人気の理由も解説します。職業に縛られず働く際に役立つ資格を紹介します。

仕事は知識があればあるだけメリットがあります。勉強をするのであれば仕事に活かすことができるほうが良いですよね。また、今の仕事だけではなく転職や就職に有利になったほうが資格取得を目指すモチベもあがります。

沢山の種類がある資格からなぜ企業から高い評価を受ける理由など解説します。
もちろんビジネスの種類によっても色々変わってくるものもありますがどの業種でも役立つビジネス4選をご紹介します。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)ExcelExpert

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)ExcelExpert資格は企業で最も使用率が高いソフトExcelのスキルを評価する資格です。仕事をする上でExcelを使うのは当たり前でMOSExcel資格はスペシャリストとエキスパートの2段階のレベルがあるのですが、現在企業はスペシャリスト以上のスキルが必要としており、Excelはエキスパートの取得をおすすめです。

MOS資格試験

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)ExcelExpert資格のメリット

仕事ではエクセルを使う使用頻度が高いですが、よく使うソフトの知識が多ければ活かす頻度も高くなり、仕事効率があがります。資格取得を通じてExcelの勉強をし今まで知らなった知識を見日受けることにより評価も上がりますが効率が上がり時間がまえよりできるようになったと体感する人が多いです。

企業評価が高い資格MOSExcelExpert

事務職やマーケティングなどの職業での評価が高いのは大分知られており、特に派遣会社に登録する人はMOSExcelExpertの取得を求められます。Excelの関数の知識や組み合わせの方法、機能の種類をかなり学ぶことができるのでExcelでできることが深まります。Excelをしっかり扱う事ができる人の需要が高いので現在仕事の効率を上げる事も、就職活動にも有利になり一つの資格取得で活かす範囲も広いのでかなりコスパが高い資格といえます。

MOSExcelExpert資格の難易度は高いのか

ExcelのExpertは学ぶ期間は割と短時間で取得できる資格です。資格取得を集中して短期間で目指すのがおすすめです。関数が理解できていないと不利なのでまずは関数をしっかり勉強しましょう。

MOSExcelExpertは実はコスパが高い資格

MOSExcelExpertを取得していると事務系の仕事に役立つのも、転職、就職活動にも有利です。勉強時間を考えると受験料は高いですがコスパが良い資格だと思います。今まで事務の仕事での就職が難しいと感じた人でもExcelのエキスパートを取得して就職が決まる人も多いので費用以上の費用対効果は受けることができます。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)ExcelExpert

Excel 365&2019 エキスパート(上級)は随時受験することができます。再受験は24時間、再々受験は48時間後に受験することができます。

試験名 MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)ExcelExpert
試験料 12,980円(税込)
試験時間 50分
試験問題 約50問
問題形式 コンピュータを使った実技試験(CBT)
合格ライン 正答率70%
再受験 24時間~48時間以降(回数による)

ひろゆきもおすすめ!日商簿記2級

企業がなぜ日商簿記2級を評価し、働く人間が取得するメリットはなにかを確認してみましょう。

日商簿記2級が企業の評価が高い理由

日商簿記2級資格が経理関係で評価が高い理由はとして経理というのはお金に対してのルールの塊です。どの企業にも必ず経理業務はあり、その為多様性がある資格として日商簿記があげられる理由です。

未経験でもこのルールをあらかじめ覚えて働くことが求められるので資格を取得しておいてほしいという理屈です。
またこれは経理だけではなく業務システムを開発する企業からも必要とされています。お金の流れがわからないと業務システムはできないですからです。

日商簿記2級の難易度は高い?

日商簿記2級は合格率は高いとはいえません。資格取得を目指すには勉強時間も3級と比べて3倍以上と考えてください。

日商簿記2級は商業簿記と工業簿記の2科目

商業簿記のほうが範囲が広く、対策が練りずらいのが現状です。工業簿記は苦手な人も多いですが範囲が限定されているので工業簿記のほうが高い得点は取りやすいです。合格への近道は工業簿記で高い点数を取得することです!

日商簿記2級試験詳細

日商簿記2級はネット試験となり随時受験が出来るようになりました。
いつでも受験可能となったので何度でもチャレンジしやすくなりました!

試験名 日商簿記2級
試験料 無料
試験時間 90分
試験問題 大問5問
問題形式 コンピュータを使った実技試験(CBT)
合格ライン 正答率70%
再受験 4日間以降

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)という資格は一般的には知名度が高いとは言えませんが、どの企業でも役立つ資格といえます。働く環境にも一般的な生活でもGoogleを扱う事は多いですね。

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)とは

そもそもGoogleアナリティクスとは何かという事を簡単に説明するとGoogleが提供しているWebページのアクセス解析ツール(サービス)で誰でも無料で利用することができるのですが、このGoogleアナリティクスの使い方や設定方法などの知識を身につけることができる資格です。

企業がGoogleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)を評価する理由は?

企業の多くはブランディング力を上げたり、集客をしたいと思いますがまだまだ知識がないのが現状です。
必要以上に広告費がかかっていたりSNSを活かすことができていない企業はまだまだ沢山あります。
これからSNSに力を入れたいと考えてる企業にアピールできる知識です。

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)の難易度は?

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)の難易度は業界人にとってはそこまで難しくありませんが、SNSやインターネットの知識が少ない人にはなかなかハードルは高い資格かもしれません。
ただこれからの時代どの職業でもネットの知識がないのは致命的です。経営やマーケティングに関わる人には必要な知識として勉強にチャレンジしてもらいたいですね!

ビジネスでは集客や動向を考える機会は必ずあります。ホームページを分析するスキルは今後必須といえるでしょう。

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)は無料で受験が出来ることができます。

試験名 Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
試験料 無料
試験時間 90分
試験問題 70問
問題形式 4肢択ー問題
合格ライン 正答率80%
再受験 24時間以降

投票お願いします!!

この記事のおすすめ度は?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
みんなのおすすめ度:5.00
読み込み中...