MTA セキュリティの基礎 (98-367)講座

MTAセキュリティの基礎 (98-367)資格は、MTA(Microsoft Technology Associate)資格の中の1科目です。セキュリティの基本概念をはじめ、OSのユーザー認証やデータの暗号化、ネットワークのファイアウォールやアクセス保護などの知識とスキルを問う、初級資格です。

  • 特徴
    1

    15コマでMTAセキュリティの基礎 (98-367)に合格できるまでの知識を身につけることができます。
  • 特徴
    2

    ネットワークの管理・保守に必要なセキュリティの基本事項を習得することができます。
  • 特徴
    3

    セキュリティについて実務的な内容を学ぶことができます。

マンツーマンのMTAセキュリティの基礎 (98-367)コースのカリキュラム・概要

MTAセキュリティの基礎 (98-367)

15コマでセキュリティについて理解できるようになる、MTA(セキュリティの基礎 (98-367))コースの試験合格までのカリキュラム内容

1~3コマ目

セキュリティ レイヤーについて OSI基本参照モデル、ネットワークのレイヤーについて

4~6コマ目

オペレーティング システムのセキュリティについて OS(オペレーティングシステム)のセキュリティ設定について

10~12コマ目

セキュリティソフトウェアについて OSや攻撃の種類に応じたセキュリティソフトウェアについて

13~15コマ目

模擬問題 模擬問題・予想問題を解く

MTA – セキュリティの基礎 (98-367)コースの難易度・コース時間・コース料金

難易度★★★☆☆
受講時間15コマ
対応バージョン特になし
コース料金(税込)
受講料
テキスト代
85,800円(税込)
4,400円(税込)
合計90,200円

MTAセキュリティの基礎 (98-367)コースの無料体験コースこちら

ソフトキャンパスのMTAセキュリティの基礎 (98-367)コースは、完全1対1のマンツーマンでレッスンを受けることができます。どのような授業をするのか、体験してみてください!

CASE
A

プログラミングやソフトウェア開発の知識をつけたい、という方への無料体験①

  1. MTAセキュリティの基礎 (98-367)とはどんな試験なのか、概要をご紹介します。
  2. MTAセキュリティの基礎 (98-367)の試験の範囲であるネットワークセキュリティついてご紹介します!
  3. MTAセキュリティの基礎 (98-367)試験を受験するまでの計画を一緒に立てていきましょう。

CASE
B

MTAセキュリティの基礎 (98-367)を一度学習したけれど不合格だった…という方への無料体験②

  1. 前回のMTAセキュリティの基礎 (98-367)試験の受験を一緒に振り返りましょう。
  2. スキルチェックを行い、得意、不得意ポイントを明確にしましょう。
  3. MTAセキュリティの基礎 (98-367)試験の受験までの学習計画を立てましょう。